味噌作り 2017

 久しぶりに2月の我家の風物詩・味噌作りに参加した。
準備は前の日から。
大豆を水洗いし一度沸騰させて(灰汁を取る為)、新しい水に一晩漬けておく。


IMG_3570_R.jpg


味噌を保存する容器を熱湯、エタノール、ハイターなどで殺菌消毒し、しっかり水分を拭う。
ここは結構ポイントで、これがいい加減だとカビが生えやすくなります…


IMG_3571_R.jpg


圧力鍋で柔らかくする。沸騰してから15分くらい。


IMG_3573_R.jpg


指で押したら簡単に潰れるほど柔らかくなった大豆を容器にあけます。
右上のは大豆の煮汁。使うので捨ててはいけない。


IMG_3574_R.jpg


潰す!


IMG_3576_R.jpg


豆の形が無くなったら味噌作り用の麹(塩入り)を投入。


IMG_3577_R.jpg


そして混ぜる。
この時に様子を見ながら少しずつ茹で汁も投入。


IMG_3578_R.jpg


いい感じになったら丸めて容器に投げつける。ばーん!
隙間が空かないように(カビが生える原因になるので


IMG_3579_R.jpg


表面は少しずつ均していきます。


IMG_3580_R.jpg


大豆2キロ、麹4キロ、塩0.8キロが最終的にこうなります。
我家ではこれをもう1セット作る。


IMG_3581_R.jpg


熱が取れたら表面に粗塩を振って(殺菌の為)、ぴったりラップ。
6月、7月頃に様子を見ますが、それまで寝かせます。
2月の作業はこれにて終了。

関連記事
 [ 2017/03/07 21:53 ]  素材系 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ゆーき

Author:ゆーき
Forth! Handmade Department
ひとりハンドメイド部。

特別な道具や高い材料じゃなく、そこらへんにある物を使いたい根っからの庶民。
下手の横好きだけに悪戦苦闘の連続。笑えるほど残念な失敗も多い。
 
なおこのブログのオーブンの設定は全く参考になりません。
性能が悪くて指定温度の+10度、指定時間の+20分なんてザラです。私の備忘録として記しているだけで、ここに書いてある通りにすると丸焦げになります。多分。

★当ブログでは収入の発生するサービス(NAVERまとめ等のキュレーションサイト等)からのリンク及び無断転載・引用はお断りします

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

アルバム
月別アーカイブ
レシピブログ
最新トラックバック
検索フォーム