小豆のホットアイマスク

疲れ目と目の下のクマ半端ないorz
市販のあれで作れないかと探したところ、同じことを考える人は沢山いるらしい。笑


2014_12210222.jpg


適当過ぎる設計図。性格が出てます。わはは。
出来上がった今となっては切り返しの部分は9センチ(+縫い代1センチ)くらいが良かったと思う。
バランスが悪い。


2014_12210213_R.jpg


布は余ってるやつ。
マトリョーシカのはポケットティッシュケースだったりドライヤー入れの袋を作った残り。
10センチほどあけて中表で縫い合わせてひっくり返し、返し口にミシンを掛ける。


2014_12210215_R.jpg


中表にして上下が重なるようにしてミシンをかける。
写真では2センチだけど小豆を入れたら真ん中が膨れるので、3・4センチ程取った方がいいかも。
ミシン目がある方を上にかぶせた方が、表に返した時に見えないので綺麗。


2014_12210216_R.jpg


引っ繰り返したところ。
大きいポケットティッシュケースである。笑


2014_12210218_R.jpg


内側に入れる小豆の袋。
適当に外の袋の大きさに合わせて、手近かにあったガーゼを使う。
そのまま使ったのだけど失敗やったわー。せめて2重にすべきだった。脆い。破れそう。
調べたら日本手拭いとか洗濯ネットで作っている人もいて、それはいいアイデアだなーと。
次はそうする。
ただネットはレンジで何度も温めるということを考えるとちょっと抵抗がある。
あと使っている感じから仕切りは2つじゃなくて3つか4つがいいと思う。


2014_12210221_R.jpg


出来上がり!

レンジで1分加熱して使ってます。結構温かい…というか、ちょっと熱め。
40秒とかその位でいいらしい。
ただ本当に気持ち良くて、知らない間に寝てしまう。笑
枕の上において首の下に敷いたりしても気持ちいい。
ただ市販(パクリ元)の製品の説明を見ると、200回くらいの使用で小豆の水分がなくなってしまうそうで、小豆の入れ替えは必要みたい。
利用時の注意は市販の説明を参考にすればいいかと思ってる。

中の袋をいちいち出してレンチンするのが面倒なので、ホックはつけてない。
だから余計にあと1・2センチ重ねるのを深くすればよかったと思う^^;
ただ重ねすぎると小豆入れ辛いよね!(笑)

市販のタオルハンカチが大体25×25センチとか23×23センチなので、それを使えば両端を縫うだけで相当肌触りもいいかわいいものが出来るなーと思いますなー。
まあ、私はとりあえずは家にあるものでするというのが大きいので。笑
ということで今回の製作費は北海道産小豆の300円くらいです。北海道産…もったいねえ。


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
関連記事
 [ 2015/01/18 20:25 ]  ファブリック | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ゆーき

Author:ゆーき
Forth! Handmade Department
ひとりハンドメイド部。

特別な道具や高い材料じゃなく、そこらへんにある物を使いたい根っからの庶民。
下手の横好きだけに悪戦苦闘の連続。笑えるほど残念な失敗も多い。
 
なおこのブログのオーブンの設定は全く参考になりません。
性能が悪くて指定温度の+10度、指定時間の+20分なんてザラです。私の備忘録として記しているだけで、ここに書いてある通りにすると丸焦げになります。多分。

★当ブログでは収入の発生するサービス(NAVERまとめ等のキュレーションサイト等)からのリンク及び無断転載・引用はお断りします

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

アルバム
月別アーカイブ
レシピブログ
最新トラックバック
検索フォーム