イチゴのタルト

2014_03220314_R.jpg

イチゴのタルト!久々の大物\(^o^)/
レシピはこちらから。

 500円でわかる!基本のお菓子

これのアプリコットタルトを参照してます。
タルト台とアーモンドクリームだけだけど。


2014_03220298_R.jpg 2014_03220299_R.jpg


タルト台と、アーモンドクリームを詰めて焼く。
レシピの指定では170度、35分くらいだけど、とりあえず180度40分で。
焼き色がきれいについてなかったので、結局190度でプラス10分。
最初から190度で焼けばよかったかも。


2014_03220304_R.jpg


タルト台にもう少し焼き色がついて欲しい。


2014_03220306_R.jpg


全卵カスタードクリーム。
きれいにできました。バットからぺらっとはがれるのがいいそうですよん。
泡立てた生クリームと合わせてディプロマットクリームに。


2014_03220308_R.jpg


相変わらず生クリームがうまく絞れまへん……orz


2014_03220312_R.jpg


とりあえずイチゴ並べる。ちょうど1パック分。
今回はブルーベリー付き。


2014_03220309_R.jpg


こう見るとそれらしく見えるから不思議だ…(笑)


2014_03220316_R.jpg


ナパージュ塗ってキラキラに。


2014_03220320_R.jpg


ちなみにブルーベリーは冷凍物です!
上手に解凍できてるでしょ~^^ 生みたいな食感よー!

数年前に放送していた『ためしてガッテン』のやり方で、冷凍食材が組織が壊れてない状態でおいしく食べられます。

食材が凍り始める温度、溶け始める温度って-3~0度なんですって。
なので、その温度間に凍った食材を入れてやれば、良い状態で解凍できるってことらしい。
冷凍した食材より暖かい温度ならいいということで、確かにそれなら-3度くらいでもいけそうだわー(笑)

1)解凍したいものを裸のままジップロック(密封できる袋)に、空気を抜いて入れる
2)氷水につける(浮いてこないように) -2度くらいに保つ
3)袋に氷が張りついていたらはがす

これだけ!
ポイントは裸のまま(ラップNGってこと)って所と、浮いてこないようにって所だと思う。
刺身とか肉でもいけるみたい。やったことはないけど。
冬はいいけど夏は温度を保つのが難しそうだなあ…

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ゆーき

Author:ゆーき
Forth! Handmade Department
ひとりハンドメイド部。

特別な道具や高い材料じゃなく、そこらへんにある物を使いたい根っからの庶民。
下手の横好きだけに悪戦苦闘の連続。笑えるほど残念な失敗も多い。
 
なおこのブログのオーブンの設定は全く参考になりません。
性能が悪くて指定温度の+10度、指定時間の+20分なんてザラです。私の備忘録として記しているだけで、ここに書いてある通りにすると丸焦げになります。多分。

★当ブログでは収入の発生するサービス(NAVERまとめ等のキュレーションサイト等)からのリンク及び無断転載・引用はお断りします

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

アルバム
最近の記事
全タイトルを表示
月別アーカイブ
レシピブログ
最新トラックバック
検索フォーム