お正月の準備(1) 黒豆他

メモ。

2013_12270216.jpg


豆を洗う。
写ってないけど小豆も。
洗ったら一度沸騰させる。アク取りのため。
黒豆の方は重曹を入れる。

2013_12270218.jpg


斗六豆と小豆は水を捨てて、新しい水を入れて一晩。
黒豆の方は湯を捨てずにそのまま放置する。きれいな色を出すため。


2013_12270219.jpg


左の斗六豆は1晩、真ん中のは2晩、右の黒豆は1晩置いた状態。
2日目は流石に綺麗な状態に戻っている。
お墓参りで次の日は作業できなかった。
どちらも結局2晩置く。
 

2013_12270224.jpg
 
 
小豆は餅つきの準備があるので1晩つけて作業。
柔らかくなるまで煮て、砂糖と塩を入れて醸す。
 
 
2013_12290193.jpg
 

下準備した2日後、黒豆と斗六豆の作業。
柔らかくなるまで煮る。


2013_12290194.jpg


黒豆はアクがすごい。
ある程度アクを取ったら、落とし蓋をして弱火で柔らかくなるまで煮る。
指でつまんだら簡単に潰れるようになる迄。
そうなってから砂糖を入れる。
皺になるので、黒豆は常に水分に浸かっている状態をキープ。

 
2013_12290209.jpg


斗六豆はすぐに煮えるので、こちらの方が早く終わる。
豆を煮る時はザラメがいいんだって!

斗六豆はザラメだけかな?
黒豆はザラメとちょびっと醤油、ちょびっと塩。釘は入れない。
小豆はザラメ、塩。
 
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
関連記事
 [ 2014/01/03 22:27 ]  うちごはん ご飯 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ゆーき

Author:ゆーき
Forth! Handmade Department
ひとりハンドメイド部。

特別な道具や高い材料じゃなく、そこらへんにある物を使いたい根っからの庶民。
下手の横好きだけに悪戦苦闘の連続。笑えるほど残念な失敗も多い。
 
なおこのブログのオーブンの設定は全く参考になりません。
性能が悪くて指定温度の+10度、指定時間の+20分なんてザラです。私の備忘録として記しているだけで、ここに書いてある通りにすると丸焦げになります。多分。

★当ブログでは収入の発生するサービス(NAVERまとめ等のキュレーションサイト等)からのリンク及び無断転載・引用はお断りします

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

アルバム
月別アーカイブ
レシピブログ
最新トラックバック
検索フォーム