アールグレイのパヴェ・ド・ショコラ

加藤知恵さんのホームページにあった紅茶の生チョコです。
チョコ400gでしたが、100gでしました。さすがに400gは多すぎる…笑

2012_02140153.jpg

バットはチョコが多い時はいいけど、少ない時はいまいちだなーと。
豆腐の空パック利用。
いつも思うけど、よれが出るからラップじゃない方がいいよね…
クッキングペーパーの方がいいなとは思うんだけど。
上の加藤さんのHPではバットに十字にクッキングペーパーを敷いていたので、それで十分なのかな?

2012_02140160.jpg

ローストしたアーモンドとカシュナッツを少し溶かしたガナッシュで固定して、チョコレートの中に通す。

2012_02140073.jpg

うーん。この作業が中々難しかった。
テンパリングが上手くいっていなかったのと、チョコレートの量が少なかったかなー…
後の方、チョコが少し固まってきて上手くコーティングできなかった。
自分でテンパリングするんじゃなくてコーティングチョコ頼った方がいいかもー(笑)

チョコの作業は少量じゃなくて沢山の方がいいというのは、温度管理が難しいからだと帝塚山ポアールの辻井グランシェフが言っていました。
少量だとすぐに温度が上がるけど下がるのも早いから。
でも300gとか400gとかじゃなくて必要分で作業したいというのが本音なの…^^;

2012_02140081.jpg

で、こっちが本当のパヴェ・ド・ショコラ(チョコの石畳)ですね(笑)

2012_02140161.jpg

ハッピーバレンタイン!

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
関連記事
 [ 2012/02/14 21:14 ]  チョコレート | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ゆーき

Author:ゆーき
Forth! Handmade Department
ひとりハンドメイド部。

特別な道具や高い材料じゃなく、そこらへんにある物を使いたい根っからの庶民。
下手の横好きだけに悪戦苦闘の連続。笑えるほど残念な失敗も多い。
 
なおこのブログのオーブンの設定は全く参考になりません。
性能が悪くて指定温度の+10度、指定時間の+20分なんてザラです。私の備忘録として記しているだけで、ここに書いてある通りにすると丸焦げになります。多分。

★当ブログでは収入の発生するサービス(NAVERまとめ等のキュレーションサイト等)からのリンク及び無断転載・引用はお断りします

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

アルバム
月別アーカイブ
レシピブログ
最新トラックバック
検索フォーム