味噌作り 2017

 久しぶりに2月の我家の風物詩・味噌作りに参加した。
準備は前の日から。
大豆を水洗いし一度沸騰させて(灰汁を取る為)、新しい水に一晩漬けておく。


IMG_3570_R.jpg


味噌を保存する容器を熱湯、エタノール、ハイターなどで殺菌消毒し、しっかり水分を拭う。
ここは結構ポイントで、これがいい加減だとカビが生えやすくなります…


IMG_3571_R.jpg


圧力鍋で柔らかくする。沸騰してから15分くらい。


IMG_3573_R.jpg


指で押したら簡単に潰れるほど柔らかくなった大豆を容器にあけます。
右上のは大豆の煮汁。使うので捨ててはいけない。


IMG_3574_R.jpg


潰す!


IMG_3576_R.jpg


豆の形が無くなったら味噌作り用の麹(塩入り)を投入。


IMG_3577_R.jpg


そして混ぜる。
この時に様子を見ながら少しずつ茹で汁も投入。


IMG_3578_R.jpg


いい感じになったら丸めて容器に投げつける。ばーん!
隙間が空かないように(カビが生える原因になるので


IMG_3579_R.jpg


表面は少しずつ均していきます。


IMG_3580_R.jpg


大豆2キロ、麹4キロ、塩0.8キロが最終的にこうなります。
我家ではこれをもう1セット作る。


IMG_3581_R.jpg


熱が取れたら表面に粗塩を振って(殺菌の為)、ぴったりラップ。
6月、7月頃に様子を見ますが、それまで寝かせます。
2月の作業はこれにて終了。

 [ 2017/03/07 21:53 ]  素材系 | TB(0) | コメント(0)

いかなごのくぎ煮

春の風物詩。(もう終わりかけやがな…

今年はいかなごが不漁だったそうで。
暖かかったから大きいとも言われてましたし。
そんなこんなで解禁日の値段が1キロ2580円でドン引きという…

ただ解禁日の2日後の雨の日(結構降った)の夕方にスーパーに偵察に行ったら最早叩き売り状態!
やったー!980円!この日に12キロ炊く。
次の日に4キロで、今年は計16キロ。


IMG_2069_R.jpg

 
材料はいつものごとく。

・いかなご 1キロ
☆ざらめ 250g
☆醤油 230cc位 出汁醤油だと大変おいしい
☆みりん 100cc
・しょうが 20g位
・山椒 20g位 適当


IMG_2063_R.jpg


いかなごは洗って、水をよく切っておく。


IMG_2064_R.jpg 


☆を鍋に入れて沸騰したら生姜投入、沸騰したらいかなご投入。


IMG_2067_R.jpg 


ひたすら強火で灰汁をとる。


IMG_2074_R.jpg 


いかなごが見えてきたら山椒投入。
柚子の皮を入れてもおいしい。大変おいしい。


IMG_2072_R.jpg 


煽っても大丈夫なくらいの水分になってきたら煽って上下をひっくり返す。
火は中火ぐらい。ここからが長い…


IMG_2077_R.jpg 


まだ鍋底に水分が見えてますなあ…
このあたりではちみつを入れるとつやが出ておいしそう。


IMG_2078_R.jpg 


もうよさそう。
すぐにざるに移すのではなくてしばらく放置。
タレ?がいかなごにいい感じに絡んで無駄がない。


IMG_2076_R.jpg


ざるにあげて冷まして終了!


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 [ 2016/03/21 20:05 ]  素材系 | TB(0) | コメント(0)

お供え用落雁の活用

落雁といっても和三盆100%とかではなく、仏壇へのお供え用。
色々混ぜ物がしてあって、おいしくないやつ。


IMG_0340_R.jpg


いつも捨てるんだけど、何とかならない?と言われて調べたら、いくつか活用方法が見つかった。
考えた人凄い。
その内のひとつ、カスタードを参考にさせていただきました。

参考にしたレシピはレンジを使っていたけれど、普通のカスタードを作るやり方で。

★すりおろし落雁 大匙4
★牛乳 200cc
★砂糖 大匙2
★卵 1個


IMG_0341_R.jpg


まず落雁を摩り下ろして、振っておく。
大分量があります…ここから使うのは大匙4。


IMG_0342_R.jpg


卵1個と落雁大匙4、砂糖大匙2をすり混ぜる。


IMG_0345_R.jpg


温めておいた牛乳200ccをボールに投入。
よくかき混ぜて、ざるで鍋に濾し戻す。


IMG_0347_R.jpg


ホイッパーもしくはスパチュラでかき混ぜながらしっかり火を入れる。
適当にバニラエッセンスなり、バニラオイルなりを入れる。
これにバニラビーンズはもったいないと思う。
火を止めてからコク出しでバター少量入れても可。

IMG_0349_R.jpg


バットにあけてぴったりラップ。

普通に作ったものと比べると、やっぱり見劣り?する。
口当たりがざらっとしている感じ。
上手に出来たカスタードはぺらっとバットから離れるけど、そんな感じではない。
ゆるめ~な感じの仕上がり。
ただ家の人曰く、「そんな言うほど悪くはない」
クリームそのものを楽しむシュークリームとかで使うのは一寸厳しい気がするけど、使い方の工夫で美味しく食べられそうかなと。

粉と砂糖に温めた牛乳を加えて混ぜ、鍋に濾し戻してしっかり火を入れ、そこに卵を入れて数十秒火を入れるやり方でやってみたらいいかも。(お菓子作りのなぜ?がわかる本に出ていたやり方)


これでクリームパンとスコップケーキを作りました。
どっちもおいしかった。
特にスコップケーキ。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 [ 2015/04/14 22:33 ]  素材系 | TB(0) | コメント(0)

お手軽あんこと桜あん

桜もちの準備です。

小豆は前の日の晩に準備しとくのが一番いいんだけど…
(洗って→一旦沸騰させて→洗って灰汁を落として→新しい水に漬けておく)


IMG_0280_R.jpg


小豆を洗って3・40分圧力鍋にかける。
冷蔵庫で保存しているので結構時間がかかる…
買ってきてすぐだともう少し時間も短いかと。
小豆と砂糖は1:1の比率が基本だけど、もう少し甘くてもいいかも。あと少し塩。


IMG_0286_R.jpg


鍋の中で小豆を潰して(ミキサーでも)、もう一度火にかける。
いい感じで火を止めて(冷えたら固まるので少し緩いくらい)、バットにあける。
ぴったりラップして保存。


桜あん。
材料はこちら。


IMG_0288_R.jpg


★ふじっ子のおまめさんの白花豆 1袋
★桜の葉の塩漬け 1枚
★塩 ほんのちょっぴり
★食紅 ほんのちょっぴり


IMG_0289_R.jpg


ミキサーが回りにくいのでちょっとだけ水を加えました。
で、もう少しレンチン。
舌触りがあまりよくなさそうだったので裏ごしもしておいた。

そこに微塵切りした桜の葉と塩、食紅を加える。
塩も食紅も本当にちょっぴり。


IMG_0291_R.jpg


こんな感じに!
甘さがあるので砂糖は入れなかったけれど、結構あっさり目で上品な感じのあんになりました。
これでも十分おいしいけど、もう少し甘くてもおいしいと思う^^

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 [ 2015/03/30 20:35 ]  素材系 | TB(0) | コメント(0)

いかなごのくぎ煮

やってまいりましたこのシーズン。
昨日作ったものを今日上げるという珍しくタイムリーな話題。


IMG_0221_R.jpg


今年は不漁だとニュースで言っていたのだけれど、この値段みてそうなのかと。
ただ近所のスーパーの値段は1780円だったり1380円だったり。
魚屋さんが一番安い。


IMG_0222_R.jpg


まずいかなごを潰さないように優しく水洗いして、水を切っておく。
その間に材料をそろえる。


IMG_0223_R.jpg


いかなご 1キロ
 ☆醤油 250cc
 ☆みりん 100cc
 ☆ざらめ 250g
生姜 50g
山椒 20g位 好みで

オリジナルはコープで配っているレシピだったのだけど、酒は抜いてます。
お酒入れたらいかなご柔らかくなり過ぎて潰れるよ。
多分あのレシピ、みりんと酒の分量逆になってる。

あと柚子の皮入れてもおいしいって教えてもらったのでひとつはそれで作ってみたけれど、さっぱりしていてこれもおいしい。
醤油はだし醤油でもすごくおいしい。


IMG_0224_R.jpg


作り方は煮魚と一緒。
☆を投入して沸騰したら生姜。
あと鍋は厚手が良いです。


IMG_0225_R.jpg


更に沸いたら水を切ったいかなごを投入。
強火のまま触らない、絶対に混ぜない。


IMG_0228_R.jpg


灰汁は丁寧に掬いましょう。


IMG_0229_R.jpg


大分水分減ってきました。
魚が見えてきたら山椒投入。初めから入れると風味とんじゃう。


IMG_0230_R.jpg


更に水分減ってきました。ここからが長い。笑
火の加減はこの辺りから。大体中火~強火でやってるなあ…

煽れる位になってきたら、空気入れて上下引っ繰り返す為に煽る。
間違っても箸やへらで混ぜてはいけません。
鍋を両手で掴んで煽ること。
煽って炊く、煽って炊く、を何回か繰り返す。3・4回で十分か。やり過ぎ禁物。

まろやかさを出したかったら最後の煽りの辺りで蜂蜜を入れたらいい。
チューブので、2~3回し位。艶もよくなる。
水あめは冷めたら固くになるので個人的にはちょっとなあという感じ。


IMG_0232_R.jpg


上手に出来ました!
出来た段階はそんなにきれいじゃないのだけど、冷めると艶がでます。
鍋でちょっと冷ましてから笊に移すと、煮汁がよく絡んでいい感じです。無駄がない。
あと切った煮汁は家では薄めて煮魚に使ってます。笑
濃縮液(笑)なので、タッパーに入れて冷蔵庫に入れると長期保存できるよ。


昨日6時ごろに近所のスーパーに行ったら半額で890円になっていた。
結局昨日は9キロ炊く。
今年は何キロになることか…


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
 [ 2015/03/01 08:31 ]  素材系 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

ゆーき

Author:ゆーき
Forth! Handmade Department
ひとりハンドメイド部。

特別な道具や高い材料じゃなく、そこらへんにある物を使いたい根っからの庶民。
下手の横好きだけに悪戦苦闘の連続。笑えるほど残念な失敗も多い。
 
なおこのブログのオーブンの設定は全く参考になりません。
性能が悪くて指定温度の+10度、指定時間の+20分なんてザラです。私の備忘録として記しているだけで、ここに書いてある通りにすると丸焦げになります。多分。

★当ブログでは収入の発生するサービス(NAVERまとめ等のキュレーションサイト等)からのリンク及び無断転載・引用はお断りします

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

アルバム
最近の記事
全タイトルを表示
月別アーカイブ
レシピブログ
最新トラックバック
検索フォーム